スフィンクスの飼い方

スフィンクス 飼い方スフィンクスの飼い方を簡単にお伝えいたします。

被毛がないため、外傷を負いやすく、紫外線にも弱いので、ボディーの保護に気を配る必要があります。激しい温度差や直射日光は避け、ケガ防止のためにもはこまめに切りましょう。また、ケガの心配から、多頭飼いは向きません。夏は涼しく、冬は暖かく過ごせる環境が必要です。外出も避けた方が無難です。

人懐っこく、甘えん坊な性格の子が多いです。飼い主様に対して、深い愛情を示す他、人見知りしない社交性も持ち合わせています。被毛がないことは、この猫種の最大の特徴であり魅力です。肌の暖かさや心臓の鼓動、愛情豊かな性格など、パートナーキャットとして優れた素質を持っています。

当ブリーダーでは、子猫のお渡しのときに十分に時間をとり、子猫に合わせた飼育パンフレットをお渡ししています。また、食事の量ワクチンの接種時期、日頃の躾(しつけ)や世話などについてのお話もいたします。詳しくは、はじめて子猫を飼う方からよくある質問のページをご覧ください。

スフィンクスの出産情報はこちら


被毛のお手入れ・グルーミングについて

スフィンクスのグルーミングスフィンクスの被毛のお手入れ(グルーミング)について簡単に説明いたします。

ほぼ無毛ですので、ブラッシングは必要ありません。ただ皮脂や汚れが肌にたまりやすいので、こまめに汚れをふき取ってあげるようにしましょう。オイリーな肌質なので、朝夕一回ずつ蒸しタオルセーム皮マッサージするように、優しく表皮の皮脂をぬぐってあげましょう。

シャンプーは二週間に一回程度行いましょう。猫用のシャンプーよりも、低刺激で弱酸性のボディソープや、ベビーシャンプーなどで優しく洗うと、皮脂が綺麗に落ちます。

スフィンクスの出産情報はこちら

ページの先頭へ戻る

メールマガジンの購読


東京猫ハウスの保障制度
受取から2週間以内の感染症による指定動物病院での治療、受取から3ヶ月以内の先天的欠陥・発病による死亡を保障。受取から1年間の病気・ケガによる死亡を追加で有償保障(子猫の生態価格の20%)。
365日、年中無休で飼育相談や、しつけ相談を無料でアフターケアとして保障初期の感染症に対する保障、先天的欠陥・病気による死亡に対する保障病気・ケガによる死亡

保障の詳しい説明はこちら

もっと便利に東京猫ハウスをご利用いただけます

ページの先頭へ戻る